検索エンジンの仕組み

検索エンジンというのは、独自のシステムを使用し、 サイトの情報を収集していくものと言え、取得した’情報は検索エンジン内のデータベースに登録されるとされています。

検索エンジンのデータベースに登録されることは「インデックス」と呼ばれ、閲覧者が検索を行った際、その膨大なインデックスの中から、キーワードや類義語によって提示される仕組みになっているようです。情報収集の際に、そのページ内にキーワードがいくつあるかということや、スパムページではないかということ、提供されている情報の質といったさまざまな要素を分析しインデックスされているため、検索した閲覧者に検索結果を提供するには0.5秒程しかかからないと言われています。

多くの検索エンジンは、自然検索が主流であり、検索結果を上位表示するためにサイト所有者からお金を受け取るといったことは一切行っていないのが現状で、検索順位というのは、閲覧者に有益な情報提供のために組まれるよう「検索エンジンのプログラム」が決定していると言えるでしょう。

この検索順位を決めるためのルールは「検索アルゴリズム」と呼ばれ、閲覧者へ良い情報提供を行うため、日々アルゴリズムは変更されているようです。