自分で作るところ、外注するところ

時間と労力をかけるか、費用をかけるかの問題ですが、まずは思いつく限りの素案をマインドマップなどを使って自分でまとめることから始めた方が良いと思います。

そうしてコンテンツに込める思いや顧客メリットなどアイディアを出し尽くすことがポイントになります。素案を自分で作る意味として、販売する商品やサービスを一番わかっていて情熱があるのは、事業主だからです。

素案さえ作ることができれば、制作会社がうまくまとめてキャッチコピーなどを作ってくれるからです。企画、構成を考えて、組み立ててもらった内容に沿って素案を制作会社へ提出すると良いでしょう。

もちろん文章が苦手とか難しい場合は、費用が掛かってもライターや制作会社に任せるのも良いと思います。うまく聞き取って、素敵なキャッチコピーや良い原稿を作成してくれるはずです。